title
T O P
スペース
リサイクルとは?
スペース
リサイクルトナーとは?
スペース
リサイクルトナーができるまで
スペース
メリット・デメリット
スペース
問い合わせフォーム
スペース

★ ご 挨 拶 ★
 資源循環型経済社会への転換が世界共通の認識となりつつある今、各産業に課せられた最大のテーマは、環境保護と資源の有効活用をいかに実現していくかということです。
 爆発的な勢いで進むコンピューターネットワーク化にともなって、レーザープリンターや複写機に使われるトナーカートリッジの需要が急速に拡大しています。
 同時に、印刷業界では、使用済みのトナーカートリッジのリサイクルに対する企業の関心も高まっています。
 現在、レーザープリンター用のカートリッジは、年間消費量の約17%がリサイクルされ、近い将来、欧米並みの30%程度に成長するとみられています。
 このカートリッジのリサイクル品の利用は、ゴミを資源化し環境負荷を低減する手段のひとつとして、これからの企業が進んで取り組むべきプログラムです。
 そんなわけで、ここはリサイクルトナーについてあれこれお話ししていくサイトです♪
 循環型社会形成推進基本法には、「再生利用とは、循環資源の全部又は一部を原材料として利用すること」と定義されている。また法の中では、リサイクルが自己目的化しないよう、リデュース(抑制)、リユース(再使用)の次にくるものとして位置づけられています。 言い換えれば、「大量消費-大量リサイクル」のシステムでは循環社会の目的に合致しないからなんだそうです・・・。
 資源の有効な利用の促進に関する法律では、アルミ缶、スチール缶、ペットボトル、紙製容器包装、プラスチック容器包装、小型二次電池、塩化ビニル樹脂製建設資材については、リサイクル識別表示マークの表示を義務付け、製品が廃棄されたときに容易に分別収集して資源として再利用できるようになってます。  日本では古くから紙のリサイクルが行われているが、ほかにもぼろ布、アルミ缶、スチール缶、ガラス、蛍光灯電池類、ペットボトル、タイヤ、食用油などがリサイクルされていますね。
 ペットボトルリサイクルは容器包装リサイクル法の施行以後、生産量=消費量が増加し、「大量消費-大量リサイクル−大量焼却(回収分の94%)」であることが現状なんだそうです・・・^^;

おすすめWEBサイト 5選

発信するメッセージの伝達率が高いLED看板

LED 看板

東京、埼玉、神奈川の格安の不用品回収、廃品回収なら当店にお任せください

不用品回収 東京

地域No.1挑戦の買取価格にて買取中!

プラチナ買取 銀座

職人の技術とアイデアをお届けする、塗装のプロショップです。

塗料の通販

Last update:2016/3/2

スペース
Copyright / 環境に優しいリサイクルトナー All Rights Reserved.